MENU
ふぃる
会社員として働きながら、ブログを始めたい人に向けて記事を書いています。映画ブログもやってます。

WordPressのテーマはSWELLがおすすめ

WordPressの管理画面に最終更新日を表示させるプラグインを紹介

リライト作業をしようとした時に、管理画面からそれぞれの記事の最終更新日がわかると便利ですよね。しかし標準の機能ではそれがわかりません。

今回は管理画面に最終更新日を表示させるプラグイン「Admin Columns」の追加方法や使い方を解説します。

目次

Admin Columnsの設定方法

プラグインのダウンロード

左側の「新規追加」から「Admin Columns」を入力します。出てきたら「今すぐインストール」をクリック。インストールが完了したら「有効化」を押します。

設定

左側の「設定」から「Admin Columns」をクリック。開いたら左上のタブを「投稿」に切り替え、右下の「列を追加」をクリックします。

タイプを「最終更新日」に設定。幅に関しては表示している項目の多さや少なさでバランスが変わるので、気になる方は後で調整すると良いでしょう。

設定が完了したら「保存」をクリック。これで完了。投稿画面に戻ると設定が反映されているか確認することができます。

公開済みの横にある日付が最終更新日です。

今は私がバランスよく幅を設定したので良い感じになっていますが、最初は結構崩れるので、カスタマイズしましょう。ちなみに私の設定はこちらです。

パーセンテージを調整して観やすくしましょう。

プラグイン主な機能
backWPUp自動でバックアップ
Google XML Sitemapsサイトマップの作成
SEO SIMPLE PACKインデックス等の設定
Contact Form 7お問い合わせフォームの作成
Custom Taxonomy Order タグの並び替え
Optimize Database after Deleting Revisions リビジョンの最適化
Yoast Duplicate Post記事の複製
codocnotoのような有料記事の作成

関連記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる